三度の飯よりワンがすき その2

shoutan916.exblog.jp
ブログトップ

センターのダックス

沢山の応援コメントをありがとうございました。
心配して下さり、お便りを送ってくださいました皆さま、本当にすみません。

お返事はもうしばらくお待ちください。必ずお返し致します<(_ _)>

ちばわんセンターレポートがUPされていますので、是非ご覧ください。
ちばわんは昨日25頭の犬の引き出しをしました。

過酷なセンターの検疫を無事に乗り越えた奇跡の子達。
収容される頭数があまりにも多いため、助けられる命はほんの一握りです。

何の罪のない子達が、心ない人間に寄って命を奪われるなんて。
こんな悲劇が毎日当たり前のように繰り返されている日本。

命の大切さ。それは何よりも重要な事ではないでしょうか?

e0209716_236113.jpg

子犬舎。全頭ではありませんが、ほとんどの子犬はちばわんで引き出しました。
e0209716_23858.jpg
e0209716_2383387.jpg



e0209716_2393952.jpg
e0209716_2310879.jpg
e0209716_23103434.jpg

来週センターの譲渡会があります。皆良い飼い主さんに貰われる事を祈るだけです。



e0209716_23122214.jpg

赤い紐はついているけれど、預かり先がありません。
この子はずっとずっと出してとこうして吠えることなく私達を見ていました。



e0209716_2314390.jpg

最終部屋にいた子です。この子を見て涙を流すスタッフ。検疫を乗り越えられれば外に出られます。



e0209716_23164289.jpg

チェリーアイのビーグル。



e0209716_23174648.jpg

2日目の収容部屋。洋服を着ている子がいます。



e0209716_2319461.jpg

ジャーマンシェパードがずっと静かに見ていました。



e0209716_23201099.jpg

3日目の収容部屋。純血種が目立ちます。
若そうなチョコラブ。



e0209716_23211664.jpg
e0209716_23214418.jpg
e0209716_23221847.jpg
e0209716_23224824.jpg



e0209716_23231687.jpg

4日目の収容部屋。
一般譲渡のはずのポインター。一日も早く迎えに来てあげてほしい。



e0209716_2324535.jpg
e0209716_23255598.jpg

最終部屋。ここにもジャーマンシェパードがいました。
レポートにもありますが、ジャーマンシェパードは固体識別されているため、耳に番号が
彫られています。



e0209716_23313461.jpg

左耳がちぎられています。固体識別番号で繁殖者や飼い主が分かりますので、そり痕跡を残さない
ため、耳をちぎった可能性が考えられます。それが本当だとしたら、普通の人間のする事ではないと思います。



そして、検疫室へ。
e0209716_23371124.jpg
e0209716_23373629.jpg

ガリガリにやせ細ったカニヘンサイズのチョコタンダックス。



e0209716_23385290.jpg
e0209716_23392255.jpg

けたたましく吠えていたブラタンのダックス。

この2頭は想定外でした。収容情報にも載っていなくて。
助けたい。預かりたい。でもどうしてもそれは無理で。

来週うちは移送前のダックス2頭を預かる予定になっています。
4頭でもはるかに私のキャパは超えています。
6頭は無理なんです。

預かり先を辺りましたが、どこもいっぱいです。
千葉県民でしたら一般譲渡も可能です。なんとか助けてあげてほしい。

昨日はその事ばかり考えていて。。。
そして、ジーンの体も心配で。ほとんど寝れませんでした。

ジーンですが昨日よりかは少し良くなりましたが、以前血便と下痢は治りません。
[PR]
by shoukoumino2 | 2010-12-02 23:54 | センター