三度の飯よりワンがすき その2

shoutan916.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:センター( 10 )

明日、殺処分になるダックス達 (追記あり)

e0209716_848385.jpg

本日、収容期限を迎えてしまった最終部屋にいるダックス達。明日、殺処分になります。

8月4日収容。どちらも銚子市川口にて捕獲されました。

まだ間に合います。どなたか預かれる方はいらっしゃいませんでしょうか?

手を上げたい。でも、うちは今日出戻って来る子がいます。

1頭でもいい。助けてほしい。どちらもオスです。

「追記」2頭とも、検疫かけられました。
ご心配いただいた方々、ありがとうございました。
 
[PR]
by shoukoumino2 | 2011-08-11 13:17 | センター

頭痛

今朝、頭がカチ割れるほどの頭痛で目が覚めました(@_@;)

お薬飲んで、ユンケル飲んで、なんとか復活しましたよ。
無理はいけませんねぇ。

日曜日からずっと母の事で、てんやわんやです。
17日の予約診療で、今後の治療方針が決まります。

それまで、ほとんど寝たきりなんですよねぇ。

私には3歳年上の姉が足立区に住んでいるんですけど、これが使えなくて(汗)
まったく役に立たん!もう少し、機敏に動いてくれると私も楽なんですが。。。

はぁ、愚痴ってすみません(-_-;)

昨日は雨が降ったりやんだりで。到着早々、犬の叫び声が響いていた昨日のセンターです。

まずは仔犬舎。
e0209716_1119518.jpg
e0209716_1120832.jpg
e0209716_11203836.jpg
e0209716_11212389.jpg
e0209716_11214711.jpg
e0209716_1122361.jpg
e0209716_11222278.jpg

センター譲渡会へ出る仔犬たち。今日だったかな。。。
不妊手術をしてくれて、生涯大切にしてくれる家族に巡り合えますように。



譲渡室・子犬室・選定室
e0209716_1127297.jpg
e0209716_11273819.jpg
e0209716_11275683.jpg

譲渡会へ参加のダックス達。



e0209716_11285743.jpg

一般希望者ありとの事ですが、なかなかお迎えに来てはくれないようです。長い事ここで待っています。


e0209716_1130370.jpg
e0209716_11303070.jpg
e0209716_11311181.jpg
e0209716_1131266.jpg
e0209716_11315014.jpg
e0209716_1132521.jpg
e0209716_11322290.jpg
e0209716_11323858.jpg

15匹の子猫を確認できました。先週今週と引き出した子猫達が預かりさんの元で相次いで亡くなりました。
助けても救えない命、こんな非情な事ってありますか?
この子猫達は皆、どこかの人間がセンターへ持ち込んできました。
その子達をひとりだけでも、ふたりだけでもと救ってくれたボランティアさんがいて。
力尽きて命が消えていく姿をどんなにか辛い思いで見送ったことか。

同じ人間として、こうも違いがある事が信じられません。

e0209716_11414293.jpg
e0209716_114236.jpg
e0209716_11422476.jpg
e0209716_114371.jpg
e0209716_11432667.jpg

フレブルとパピヨンは声帯を切られているのか声が出せません。


収容棟「1日目」
e0209716_1146468.jpg

全頭ちばわんで引き出しました。
ビビリっ子達なんですが。。。引き出しは過酷な作業となりました。



「2日目」
e0209716_11481013.jpg
e0209716_11482986.jpg
e0209716_11484587.jpg
e0209716_11493741.jpg

10キロ以上はありそうなスタンダード?お顔がちょこあに似ていて、涙が出てきました。



「3日目」
e0209716_1151156.jpg

気になっていた小ぶりのセター。お声がかかったそうです。よかった!
e0209716_11515888.jpg
e0209716_1152151.jpg
e0209716_11523241.jpg

来週ちばわんで引き出しの秋田犬。あと少し、頑張れ!!



「4日目」
e0209716_11534786.jpg
e0209716_1154722.jpg

こちらのテリア系の子は運搬させていただきました。
大人しくて、とても良い子でした!
ジュリアママさん宅にて募集になります!お名前は「マキアちゃん」です。応援よろしくお願いします♪

「最終部屋」
e0209716_1251052.jpg

e0209716_12550100.jpg
e0209716_126732.jpg
e0209716_1264158.jpg
e0209716_1265999.jpg

e0209716_1274640.jpg

けんかの絶えなかった最終部屋。いじめられていたこの女の子を検疫にまわす事が出来ました。
死を目前として、悲しみと恐怖とストレスに押しつぶされそうになっています。無理もありません。



e0209716_12104149.jpg

幸せの切符を手に入れられた子達です。



e0209716_12122249.jpg
e0209716_12125076.jpg

美人3姉妹のひとりを運搬させてもらいました。
その子はくろくろとらママさん宅にて募集になります!めっちゃべっぴんさんですよ~楽くんも募集中です♪
応援よろしくお願いします!!


さて、今日のジェシカさん。
「アタチ、ヨーグルトがない朝食なんて、あり得ないわ!」とおっしゃってました(汗)
お嬢様の言う事ですので、召使いの私はプレーンヨーグルトをドライにかけてあげました。

「そうそう、これよ!」と言わんばかりに、小さなお口でペロペロ。
ヨーグルトだけ食べてました(汗)昨日はドライも食べたんだけどな~
便秘かしら?
e0209716_12262577.jpg
e0209716_12265174.jpg
e0209716_12271256.jpg

頭が痛くて起きられない私にチュウチュウ♥してくれた優しいジェシカ。ありがとうね♥


こちらはアムロくんです。
e0209716_12433518.jpg
e0209716_1244553.jpg

普通サイズのダックスですが、体重は4キロしかありませんでした(涙)

e0209716_1245035.jpg
e0209716_12453821.jpg
e0209716_1246238.jpg
e0209716_12462330.jpg
e0209716_12465491.jpg
e0209716_12472438.jpg

家庭犬ではなかったようです。甘える事も知りません。人の目を見る事も出来ません。
おやつも食べ方が分かりません。おもちゃなんて。。。

でも、食欲は旺盛で良いうんちをしています。
今日病院へ行きたかったのですが、予約が取れませんでした。
明日、検便とフィラリア検査してきますね。
[PR]
by shoukoumino2 | 2011-06-09 12:57 | センター

センターへ行ってきました。

本日、犬の引き出しの為ちばわんスタッフ総勢8名で訪問してきました。

先週お掃除ボランティアで訪問した時よりも多い収容頭数に言葉もありませんでした。
先週木曜日の最終部屋にいた子達、1頭を外し、誰もいませんでした。

確実に処分機は動いているという事。

ゴミのように捨てられて。ただ、歩いていただけで命を奪われて。
何の罪を犯した訳でもないのに、もがき苦しんで死んでいく犬達。

どうして?なんで?いつまでたっても明るい未来は見えません。

子犬舎
e0209716_027639.jpg

この子は本日、ちばわんで引き出しました。
e0209716_028699.jpg

嬉しくて嬉しくて、へそ天になっていました。この子が大きいと思いますか?
譲渡会では大きいというだけで、なかなか貰い手がつきません。


e0209716_0293465.jpg
e0209716_030162.jpg

日本人はどうしてこうも、子犬が好きなのか。。。
譲渡会に参加の子達。


収容棟「1日目」
e0209716_0315252.jpg
e0209716_0321483.jpg

皆リボンが付いています。無事に検疫を乗り越えて!



「2日目」
e0209716_0391858.jpg
e0209716_0393776.jpg
e0209716_040170.jpg
e0209716_0402429.jpg
e0209716_0405062.jpg

15キロもないくらいの小ぶりのセター。検疫明けの子を引き出すため、中に入りましたが
この子が「自分も一緒に出して」とアピールしてきて。ごめんね、君の目を見る事が出来なかった。


e0209716_04346100.jpg
e0209716_044062.jpg

こちらの2頭、ちばわんで引き出しました。



「3日目」
e0209716_0454644.jpg
e0209716_0461490.jpg
e0209716_0462722.jpg
e0209716_0465465.jpg

後ろ姿のこの子は、このままずっと顔を見せてくれる事はありませんでした。




「4日目」
e0209716_0484969.jpg
e0209716_0491493.jpg
e0209716_0493846.jpg




「最終部屋」
e0209716_0523176.jpg
e0209716_053185.jpg
e0209716_0532387.jpg




「選定室」
e0209716_124745.jpg
e0209716_132311.jpg
e0209716_135877.jpg
e0209716_142074.jpg
e0209716_15134.jpg



「譲渡室」
e0209716_172138.jpg

ポメラニアンとダックスのレッド


e0209716_1162427.jpg

ダックス?ぽい。譲渡希望あり



e0209716_1175193.jpg

ダックス、クリーム・チョコタン。パピヨン。譲渡会参加。



「仔犬室」
e0209716_1203174.jpg
e0209716_1205548.jpg
e0209716_1211490.jpg
e0209716_1214874.jpg
e0209716_1222112.jpg




そして、私がお預かりさせてもらうはこの子です。
e0209716_1232890.jpg

先週、約束したんです。待っててねと。

センターレポートで噛む噛むと書かれておりましたが。。。


まったく噛みません!

しかも



怖がりでもありません!


しかも



若いです!



超明るい性格は三重丸を付けましょう066.gif

シャンプーをしましたら、良いうんこが出ましたので早速病院へ行ってきました☆

またまた大先輩にお会いしました♪ 明日、ご報告します♪

e0209716_1314725.jpg
e0209716_1322731.jpg
e0209716_1331226.jpg

病院の床で終始こんな感じでゴロゴロしていましたよ(汗)

かなりのお笑い系かと。。。笑


ねーーージェシカ♪
e0209716_136951.jpg

検便・フィラリア共に(-)でした♪
避妊手術は6月3日です☆
頑張るのだー!!!

もう、寝ますぅ~
[PR]
by shoukoumino2 | 2011-06-01 12:59 | センター

初、センターお掃除ボランティアへ

半年ぶりに、千葉県動物愛護センターへ訪問しました。

前回訪れたのは、忘れもしない昨年の12月1日の事。
ジーンと聖琉華を引き出した日。

あれから、東葛飾支所に収容されたダックス(銀河・騎士・フアロン・ちょこあ)を預かった為
久しぶりの訪問となりました。

今回は引き出しではなく、ちばわんで募集をしています、センターのお掃除で訪問。
ダイソーでレインコートや、エプロンなどを購入して用意をしていましたが、パパがこれを着て
行きなさいというので。。。マジかよ、汗。
e0209716_1348212.jpg

アメリカ製の防護服。会社でメーカーさんにお願いしてもらったそうで。。。

だからってさぁ。皆に笑われたよ。暑いし大きいし。

そんな事はさておき。
フローラママさんを筆頭に集まったメンバーは7人。
3人と4人で分かれて、2部屋を掃除しました。

初参加で戸惑いはありましたが、皆さんの手際の良さであっという間に2時間で終了。

綺麗に消毒をされた部屋で、ご飯を食べ始める子も。
ここがセンターだということを一瞬忘れました。

掃除をした部屋の廊下をはさんだ反対側の5つの部屋には、命の期限を宣告された子達。
この廊下ひとつで、生と死が別れる現実。

何度来ても、犬達の寂しい叫び声が響くこの場所に慣れる事はありません。

掃除前に撮った子犬舎の子達。
e0209716_1423071.jpg
e0209716_1425860.jpg
e0209716_1432453.jpg
e0209716_1434117.jpg
e0209716_144133.jpg
e0209716_1442044.jpg
e0209716_1443928.jpg

午後からの譲渡会で13頭9頭が一般の方に引き取られたそうです。



e0209716_1412921.jpg
e0209716_14122735.jpg

黒ラブ?ロット?
e0209716_1413991.jpg
e0209716_1413211.jpg
e0209716_14134510.jpg
e0209716_1414388.jpg
e0209716_14142936.jpg
e0209716_14145017.jpg
e0209716_141527.jpg
e0209716_14152989.jpg
e0209716_14154063.jpg
e0209716_1416214.jpg
e0209716_14161536.jpg

e0209716_14172928.jpg

この白い子は一般の方が引きとられていました。


収容棟の1日目の部屋
e0209716_14181932.jpg



2日目の部屋
e0209716_14193894.jpg
e0209716_14195887.jpg
e0209716_14201411.jpg
e0209716_14203340.jpg




3日目の部屋
e0209716_14214031.jpg
e0209716_1422827.jpg




4日目の部屋
e0209716_14233175.jpg
e0209716_14234958.jpg
e0209716_1424230.jpg
e0209716_14243468.jpg
e0209716_14245364.jpg
e0209716_1425458.jpg
e0209716_14252420.jpg
e0209716_142622.jpg





最終部屋
e0209716_14271122.jpg
e0209716_14273450.jpg
e0209716_14275586.jpg
e0209716_1428915.jpg
e0209716_14283399.jpg
e0209716_1428572.jpg

この子達の飼い主は今、どこで何をやっているのだろう。
この子達がもうこの世に存在しない事すら、知らないんだろうね。

どうして探さないの?心配じゃないの?家族だと思っていなくても自分の家の犬なんじゃないの?
死んでもいいと思うのなら、はじめから犬を飼わなければいい。

命に期限なんて誰にも決められないのに。




選定室
e0209716_14412172.jpg
e0209716_1441451.jpg
e0209716_1442650.jpg
e0209716_1442231.jpg
e0209716_14424488.jpg




子犬部屋
e0209716_14442393.jpg
e0209716_14444551.jpg
e0209716_1445316.jpg
e0209716_14452319.jpg

このダックス、噛みませんでした。一般譲渡ありと書いてありましたが、さて。。。
[PR]
by shoukoumino2 | 2011-05-27 14:51 | センター

センターのダックス

沢山の応援コメントをありがとうございました。
心配して下さり、お便りを送ってくださいました皆さま、本当にすみません。

お返事はもうしばらくお待ちください。必ずお返し致します<(_ _)>

ちばわんセンターレポートがUPされていますので、是非ご覧ください。
ちばわんは昨日25頭の犬の引き出しをしました。

過酷なセンターの検疫を無事に乗り越えた奇跡の子達。
収容される頭数があまりにも多いため、助けられる命はほんの一握りです。

何の罪のない子達が、心ない人間に寄って命を奪われるなんて。
こんな悲劇が毎日当たり前のように繰り返されている日本。

命の大切さ。それは何よりも重要な事ではないでしょうか?

e0209716_236113.jpg

子犬舎。全頭ではありませんが、ほとんどの子犬はちばわんで引き出しました。
e0209716_23858.jpg
e0209716_2383387.jpg



e0209716_2393952.jpg
e0209716_2310879.jpg
e0209716_23103434.jpg

来週センターの譲渡会があります。皆良い飼い主さんに貰われる事を祈るだけです。



e0209716_23122214.jpg

赤い紐はついているけれど、預かり先がありません。
この子はずっとずっと出してとこうして吠えることなく私達を見ていました。



e0209716_2314390.jpg

最終部屋にいた子です。この子を見て涙を流すスタッフ。検疫を乗り越えられれば外に出られます。



e0209716_23164289.jpg

チェリーアイのビーグル。



e0209716_23174648.jpg

2日目の収容部屋。洋服を着ている子がいます。



e0209716_2319461.jpg

ジャーマンシェパードがずっと静かに見ていました。



e0209716_23201099.jpg

3日目の収容部屋。純血種が目立ちます。
若そうなチョコラブ。



e0209716_23211664.jpg
e0209716_23214418.jpg
e0209716_23221847.jpg
e0209716_23224824.jpg



e0209716_23231687.jpg

4日目の収容部屋。
一般譲渡のはずのポインター。一日も早く迎えに来てあげてほしい。



e0209716_2324535.jpg
e0209716_23255598.jpg

最終部屋。ここにもジャーマンシェパードがいました。
レポートにもありますが、ジャーマンシェパードは固体識別されているため、耳に番号が
彫られています。



e0209716_23313461.jpg

左耳がちぎられています。固体識別番号で繁殖者や飼い主が分かりますので、そり痕跡を残さない
ため、耳をちぎった可能性が考えられます。それが本当だとしたら、普通の人間のする事ではないと思います。



そして、検疫室へ。
e0209716_23371124.jpg
e0209716_23373629.jpg

ガリガリにやせ細ったカニヘンサイズのチョコタンダックス。



e0209716_23385290.jpg
e0209716_23392255.jpg

けたたましく吠えていたブラタンのダックス。

この2頭は想定外でした。収容情報にも載っていなくて。
助けたい。預かりたい。でもどうしてもそれは無理で。

来週うちは移送前のダックス2頭を預かる予定になっています。
4頭でもはるかに私のキャパは超えています。
6頭は無理なんです。

預かり先を辺りましたが、どこもいっぱいです。
千葉県民でしたら一般譲渡も可能です。なんとか助けてあげてほしい。

昨日はその事ばかり考えていて。。。
そして、ジーンの体も心配で。ほとんど寝れませんでした。

ジーンですが昨日よりかは少し良くなりましたが、以前血便と下痢は治りません。
[PR]
by shoukoumino2 | 2010-12-02 23:54 | センター

センター訪問 ダックス2頭引き出し

本日ちばわんスタッフとともに犬の引き出しのためセンターを訪問してきました。

相変わらず収容頭数は多く。

写真を沢山撮って来ましたが、その前にうちでお預かりさせてもらう2頭の事を。
e0209716_2315889.jpg

e0209716_232455.jpg
e0209716_2331350.jpg

11月16日収容 東庄町にて捕獲のブラタンの女の子。


e0209716_235494.jpg

体重3.68㌔ 小柄でとても可愛い子です。


e0209716_236643.jpg

耳の後ろとおしりにはとてつもないほど大きなフエルト状の毛玉。
尻尾も2本あるのか?と疑ってしまうほどの毛玉がぶら下がっていて。
シャンプー4回後、すぐに病院へ連れていきました。


e0209716_239883.jpg

先生が全部切ってくださいました。



e0209716_2310117.jpg

耳の中は真っ黒でタール状の耳あかが詰まりに詰まっていて、耳ダニ検出です。



e0209716_23114762.jpg

悲しいかな・・・フィラリア+でした。



e0209716_23124414.jpg

とっても明るくておてんばさん。性格は花丸です。推定年齢は3歳くらい。
聖琉華(せりか)と名付けました。



もうひとり。
検疫をお願いした時、パルボ感染疑いのあった子です。
e0209716_23175933.jpg

11月9日収容 茂原市にて捕獲のクリームの男の子。
移送されてきた為、本所に到着したのは17日です。



e0209716_23205883.jpg

タール状の便をしていて、センターからの報告では肝臓が悪いかもとのことでした。



e0209716_23222996.jpg

もしパルボを発症していたら、今日君に逢う事は出来なかった。
毎日毎日祈りました。どうか、生き抜いてこの子に逢わせてほしいと。




e0209716_232515.jpg

おっとりしていて、マイペースで、優しい男の子です。



e0209716_23273454.jpg

先日、この子の体調を事前に先生にお知らせしておきました。
私が見る限りでは、怖がりなだけで動きが遅いのかなと思いましたが、そうではありませんでした。



e0209716_23303495.jpg

フィラリアの検査で採血した血液をすぐに調べて下さった先生。
ALB・ALKPが異常な数値を示しました。
先生は輸血してもいいくらいだと。



e0209716_2333124.jpg

パルボ感染の疑いは晴れましたが、血液の混じるタール状の便をしています。



e0209716_23345988.jpg

歯茎は真っ白で動くとすぐに疲れてしまいます。
耳の中はせりか同様、ヘドロが溜まっていました。



e0209716_23372796.jpg

拭いても拭いても綺麗にならなくて。



e0209716_23381615.jpg

しまいにはこんなてんこもりのティッシュが。。。
幸いな事に、耳ダニは検出なし。



e0209716_23394768.jpg

体重は4.18㌔ 骨と皮のだけの栄養失調状態です。
なので、去勢手術はだいぶ先送りになりそうです。



e0209716_23423197.jpg

フィラリアは(-)。よかった。
慈允(ジーン)と名付けました。

鉄剤のお薬と高栄養の食事をとって様子を見ますが、今現在は危険な状態であります。
どうか、ジーンの体が一日も早く回復するよう皆さま祈って下さい。
心が折れそうです。
[PR]
by shoukoumino2 | 2010-12-01 23:58 | センター

もう二度と会えない

10月29日にセンターへ訪問した時のこと。
最終部屋には、7頭の犬が収容されていました。

e0209716_22161982.jpg
e0209716_22164581.jpg
e0209716_22173458.jpg
e0209716_2218185.jpg
e0209716_2218558.jpg

もちろん誰にも、生きられる証の赤い紐はついていませんでした。

副代表が預かり先が見つかったから、この子達だけでも検疫へと2頭は廊下へ出された。

e0209716_22234963.jpg

君はそんな顔してめちゃくちゃ愛想があって、大きな体ではしゃいでいたよね。

君が2番目の部屋へ移動する時、君の力強さを感じたよ。
外へ行きたいと部屋に入る事を拒んだよね。
絶対に幸せになれるから、2週間だけ頑張ってね。
どこかのいぬ親会で会おうね、その時は抱きしめてあげるからと約束したのに。



e0209716_2231381.jpg

君は最終部屋で、気配を消していたよね。
諦めていたのかな。
廊下に出た時の君の笑顔があんなに素敵だと思わなくてびっくりしたよ。
君は本当に綺麗な子だった。


e0209716_22354594.jpg

生きられる印を付けてもらった瞬間。
私が近付けば、一緒に帰ろうとぴょんぴょん跳ねてたよね。
こんなに可愛くていい子はすぐにいぬ親さんが決まるよねと話した。
君を見て3人で笑顔になったことを覚えてる。




でも、感染症は君達の体を蝕んでいたんだよね。





ワクチンさえ打ってくれていたら、昨日あの場所から出られたのに。
君達を待っていた人はいっぱいいたのに。


もう一度会えると信じていたのに。


結局あの日最終部屋にいた子達は、みんなこの世からいなくなってしまった。
人間のせいで。


ワクチンの重要性、もう一度再確認してください。
ちばわん 愛護センターレポート

可哀そうで見る事が出来ないと多くの人は言います。
でも、何が本当に可哀そうなのか本気で考えた事がありますか?

目を背けずに見て下さい。 
そして、手を差し伸べてはもらえないでしょうか?

それが出来ないのなら、何か出来る事探しませんか?

あなたの小さな勇気で救える命があります。
[PR]
by shoukoumino2 | 2010-11-13 23:04 | センター

愛護センター訪問の続き

昨夜はどうしたことか、、、
横たわる、虫の息のあの子の写真を載せたら何も考えられなくなりました。

まだ写真がありますので、載せます。
e0209716_23211664.jpg
e0209716_2322319.jpg

T先生がお1人で懸命に掃除をして下さっています。
ビルコン消毒液の入った大きなバケツがいくつもあり、ステンレスケージからお皿から何やら
すべて消毒していました。

毎日そこまでしても、収容される頭数があまりにも多すぎる為、感染症を防ぎきれないのが現実。
e0209716_2326589.jpg
e0209716_23263233.jpg
e0209716_23265245.jpg
e0209716_23272015.jpg
e0209716_23274822.jpg
e0209716_23281171.jpg
e0209716_2328351.jpg
e0209716_23285811.jpg

火曜日にちばわんが子犬を18頭引き出したのに、もう満員です。
なぜ、不妊手術をしないのでしょうか?
生まれるたびに、ゴミのようにセンターへ持って来ては、殺してくれとは一体どういう事なの
でしょうか?最低な人間。




e0209716_23334265.jpg
e0209716_23342191.jpg
e0209716_23344338.jpg
e0209716_2335692.jpg
e0209716_23353654.jpg
e0209716_23355662.jpg
e0209716_23362567.jpg
e0209716_2336469.jpg

純血種で溢れかえっていました。



e0209716_23392168.jpg
e0209716_23394494.jpg
e0209716_23395997.jpg
e0209716_23402248.jpg

猫ちゃん達のいた部屋は、まだ掃除されていませんでした。
手のひらに乗るほど小さな子達。
助かる事を祈ることしか出来なくて。


苦しんで死ぬために生れて来たんじゃない。
幸せになるために生れて来たのに。

人間の犠牲になるのはいつも動物。
捨てる理由は、動物のせい。

噛むから、吠えるから、おしっこ漏らすから、うんち漏らすから、邪魔になったから、病気になった
から、歳をとったから、引っ越しするから、旅行に行くから、いらなくなったから。

人間っていつからこんなに偉くなったのでしょう。
[PR]
by shoukoumino2 | 2010-10-30 23:59 | センター

愛護センター訪問

晴れ間の見えない寒空の下、ちばわん副代表とアトムミルクママさんと愛護センターへ、犬の引き出しのため訪問してきました。
他に、ちばわんのいぬ親様ご夫婦も一緒に。

私は今回で5度目の訪問になります。
前回訪れたのは、リアのお迎えの時で8月25日。
随分と日が経ってしまいました。

本日引き出した犬は4頭。
運搬をしてきましたので、一日かがりとなりましたが5頭の命のリレーが出来た事に自分自身は
達成感がありますが、助けられなかった子達の事を思うと、気持ちが沈みます。

現在収容されているダックスは検疫明けであればすべて連れて帰るつもりでいましたが、願い叶わず。

母子で捕獲された子達はどちらも一般譲渡で決まりました。
骨と皮だけだったブラタンスムースの子は残念な事に亡くなりました。
高齢の白内障のレッドの子は感染症を発症。
この子のいた部屋に入ることすらできませんでした。

10月14日に移送されて来たチョコタン一頭。
移送ですと、センター到着後すぐに最終部屋行きになります。

この子が移送されてきた日、偶然にもちばわんスタッフが訪問していた時なので、検疫にかけて
いただけて、助かった命です。
e0209716_22231843.jpg

今朝も殺処分があったと思われます。慰霊碑の下には誰も眠ってはいません。
遺骨はすべて、産業廃棄物として処分されます。



子犬舎
e0209716_22292419.jpg
e0209716_2230910.jpg
e0209716_22304041.jpg
e0209716_22311521.jpg
e0209716_223257.jpg

子犬達の下に引いてある赤い板はヒーターです。このヒーター、センターには4つしかありません。


e0209716_22344384.jpg
e0209716_2235757.jpg
e0209716_22355048.jpg

隣の子犬舎にはヒーターはありません。
センター譲渡会では貰われにくい、女の子を一頭預かる事にしました。
上の写真の白い子です。



e0209716_22382546.jpg

やんちゃでとても可愛い子でした。優しい家族に貰われる事を祈るばかりです。



一日目
e0209716_22411175.jpg

e0209716_2242780.jpg

e0209716_22424599.jpg

白い子犬はちばわんで引き出しました。




二日目
e0209716_22465449.jpg
e0209716_22472741.jpg
e0209716_22475545.jpg
e0209716_22484464.jpg
e0209716_22492645.jpg

一斉に「助けて!ここから出して!」と叫んでいました。
可愛い子達、一体この子達が何の罪を犯したというのでしょうか。

ただ道を歩いているだけで、殺されなければならない理由が私には理解できません。



三日目
e0209716_22544518.jpg
e0209716_22551325.jpg
e0209716_22553736.jpg

諦めてしまったのか、吠える子はいませんでした。
寒さの為か、餌箱の上から微動だにしません。




四日目
収容犬なし



最終部屋
e0209716_22573378.jpg
e0209716_225817.jpg
e0209716_22585995.jpg

兄弟と見られる三頭とチョークチェーンのついた綺麗なポインター。



e0209716_231876.jpg

私たちがいた数時間、この子はずっと爪で扉をガリガリ開けてと訴えていました。
いずれも赤い糸は付いていません。土日は雨、冷え切ったコンクリートの上をあと3日過ごして
この子達はこの世を去るのです。
なんて残酷な事でしょう。



e0209716_2381886.jpg
e0209716_239799.jpg

顔だけ土佐犬風の20キロはありそうなこの子は検疫にかけられました。
人が大好きでとても性格の良い子。いぬ親会ではアイドル的存在になりそうです。


そして、もう一頭。
e0209716_2312432.jpg

最終部屋の奥で、存在感を消していた子。
e0209716_23135938.jpg

この子も検疫に。性格は花丸で美犬。

ふたりとも、無事に検疫を乗り越えて!!



e0209716_2319932.jpg

無事に検疫を乗り越えた子。本日、預かりさん宅へ移動となりました。
e0209716_23203719.jpg
e0209716_2321982.jpg

お外でのおしっこは気持ちいいね。穏やかな可愛い子です。



e0209716_23233375.jpg
e0209716_2324849.jpg

一番奥の廊下。

後、数分後で息を引き取りそうだった子がいました。
こんなところじゃなくて、せめて暖かい毛布の上で死なせてあげたい。
でも、立ち入ることが出来ない扉の向こう側。



すみません、今日はこれ以上言葉が見つかりません。

うちで預からせてもらう子です。
e0209716_23363235.jpg

「颯也」ソーヤ、男の子です。




e0209716_2340717.jpg

「琥珀」こはく、女の子です。
準備が整い次第、募集開始となります。
[PR]
by shoukoumino2 | 2010-10-29 23:46 | センター

10月22日

いつも気にして読んでいたブログだったのに。
見逃してしまった。

気付いた時には時すでに遅し。

e0209716_11331095.jpg

e0209716_1135057.jpg

e0209716_11333531.jpg

10月21日 愛護センター 最終部屋

写真はCACI センターの子供達を救おう!からお借りしました。

個人保護で活動されている方々のブログにもこの子は載っていた。

翌朝、殺処分になったMダックス。
この子の瞳が訴えるもの、私には解ります。

この子がもがき苦しみ最後の最期まで飼い主を信じ待って息絶えた時、私は悠長に朝ご飯を
食べていた。

もし、知っていたなら迎えに行けた。
うちにはこの子を預かれるスペースがある。
お水を飲ませご飯を食べさせ暖かい寝床も用意出来る。
そして、新しい家族の元へ送り出せる事が出来たのに。





殺処分。





飼い主持ち込みの場合、最終部屋へと直行されます。
そして、翌朝殺処分が行われます。


シュー(一二三)を預かり思った事。
生まれて間もない目に入れても痛くないほどの存在のこの子を、この先どんなことがあっても
手放すことなんてできないんだろうなと思った。

翔と幸と美の吉が子犬だった頃、どんなに可愛かっただろう。
願っても叶う事ではないけれど、一度でいいから見るだけでもいいから・・・何度思ったことか。



純血種

何万円もして買ったと思われる、純血種たち。
子犬の頃に買ったと思われる、純血種たち。

今、愛護センターにはそういった純血種の犬が溢れかえっています。

ブリーダーが持ち込んで行った犬もいるかもしれませんが、命を粗末にする人が多すぎる。

犬や猫は、ブランドのバッグじゃないし、おしゃれの一部でもない。
「もういらない」とセンターへ持ち込む飼い主たち。

どうしてそういうことができるの?
必要ないからって、人に殺させるなんて。





助けてあげられなかった。
君の事、忘れないから。
君の死を無駄にはしないから。
[PR]
by shoukoumino2 | 2010-10-26 12:26 | センター