三度の飯よりワンがすき その2

shoutan916.exblog.jp
ブログトップ

ソーヤと琥珀、無事に手術終わりました。

今日は朝10時に病院へソーヤと琥珀を預けました。
病院から電話がかかってきたのは17時。
「ソーヤちゃんの歯の状態が思ったより悪く、今終了したところです。なので、19時にお迎えに
来て下さい」と。

よかった~(:_;)
私は一日に5杯くらいコーヒーを飲むのですが、気がつけば今日は1杯も飲んでいなかった・・・
不妊手術の日はいつもこう。
心配で何も手につかないんです。小心者なので。。。


お迎えに行って、説明を受け、今帰ってきてコーヒー片手にブログ更新。
e0209716_20422798.jpg

2人は最後の試練を乗り越え、無事に帰ってきてくれました。

エアコンをつけて毛布をひいて、中に電気毛布を入れてスイッチをいれて病院へ向かいました。
2人ともまっすぐここに行き、一分もしないで眠りに付きました。

長時間だったもんね。偉かったね。頑張ったね。ゆっくり休むんだよ。お疲れ様でした。

可愛そうなので、写真はこれだけです。
琥珀は普通に避妊手術を終えました。
問題はソーヤでした。

ソーヤの歯はこんな状態でした。
e0209716_20521286.jpg

e0209716_2053017.jpg
e0209716_20534273.jpg

見た目はまだまだ若いソーヤです。いったいどんな食事をしていたのでしょうか?
ここまでほっておく飼い主の顔が見てみたい(怒)
ご覧の通り、前歯(上)は抜け落ち、歯石が歯茎まで突き刺しています。
歯槽膿漏にもなっているため、もしかしたら犬歯もダメかもというお話でした。

残したとしても、またすぐに全身麻酔をかけて抜歯することになっては負担が大きいので。。。
院長先生は全力を尽くして治療して下さいました。

何とか犬歯の根元は生きていて、ぐらついていなかったので残せました。
でも、抜歯した歯は13本。
e0209716_2122898.jpg

抜歯をした穴はきちんと縫合して下さいました。しかも溶ける糸なので抜糸はありません。
穴を縫合しないで、そのままにしておくと危険だと先生はおっしゃいました。

自然に穴がふさがる事はなく、食べ物がつまりばい菌が繁殖して大変な事になるそうです。
犬歯を抜いた場合、穴が大変大きいのでフードが鼻から飛び出ることも。

今日は休ませてあげたいので、写真は撮りませんでしたが、後日掲載しますね。
超音波で綺麗にスケーリングしてもらい真っ白な歯がお目見えしました。

ソーヤの場合、ドライフードを食べる事に何の支障もございません。
犬は歯がなくて丸飲みしても、消化できる胃袋をお持ちですからね!

それともう一つ。
ソーヤの首のちょっと横に小さなしこりが見つかりました。
シャンプーしていた時に気がついたのですが、根元がなく???でしたので、先生に相談。
手術の際に一緒に取りましょうか?とのことで、除去してもらいました。

結局、腫瘍ではなくアポクリン線という汗腺に液体が詰まっていて、固まりのようになっていた
だけの事でした!
詰まりを取り除き、元通りにしてくださいました。

これでソーヤはピカピカのMダックスとなった訳です☆
後は、心のケアですね。不安を取り除いてあげないと。。。

私の預かりっ子を診てくれている石川遼似の院長先生は今回、上記の治療をすべて無料で
して下さいました。

「保護犬」

「この子に家族が見つかるのであれば、お手伝いします」といつも先生はおっしゃいます。

私はこの先生のおかげで、センターへ行き安心して犬を引き出す事が出来るのです。
先生にはいつも本当に感謝しています。

今度差し入れしないと。。。



小さな命をひとつ救うためには、多くの人の力が必要です。

ちばわんの沢山のスタッフさん達が裏方で動いてくれています。
預かりはブログを付けているので、とても目立ちますが私1人では何も出来ません。

影で支えてくれているスタッフの皆さまのおかげでソーヤも琥珀も助かった命です。
ビジネスではない、非営利団体です。

応援し、支援して下さる方々のご寄付によって成り立っています。
ですから、預かりっ子達にかかる医療費は1円だって無駄には出来ません。

院長先生はじめ、スタッフの皆さま方には本当に感謝しています。
そして、いつも応援してくださる皆さんにも感謝は忘れません。

ソーヤと琥珀の幸せストーリー、最後まで見届けてくださいね!!!
[PR]
by shoukoumino2 | 2010-11-02 21:47 | 6代目 颯也(ソーヤ)